美容スキンケア&健康トピック by Mizuki

最新の美容と健康の役立ちニュースをお届けをしていきます。

デリケートゾーン(VIO)に特化した脱毛サロン「プリート」の特徴

(イメージ画像です。)

みなさんこんにちは、Mizukiです。
デリケートゾーンのお話をしましたが、実際にVIO脱毛に特化したサロンがあることをご存じですか?これまでの全身脱毛や顔脱毛とちがい、VIOだけ脱毛したいという方におすすめのサロンをご紹介します。
体毛よりも、1年を通して気になるデリケートゾーンの脱毛は、将来のことを考えても検討してもいい代表部位のひとつです。

VIO特化脱毛サロン「プリート」はどんなサロン?

「プリート」はデリケートゾーン(VIO・ハイジニーナ)の脱毛に特化した女性専用エステサロンです。ハイジニーナという言葉は「衛生」という意味の「hygiene(ハイジーン)」からつくられたと言われ、アンダーヘアを脱毛することで、デリケートゾーンを衛生的に清潔に保つことに繋がることが由来と言われています。
VIOラインのすべてのアンダーヘアを脱毛し、無毛状態にすることを意味します。
ハイジニーナ脱毛をすることによって生理中も衛生的に保つことができるようになります。他にも、自己処理にが原因となる肌トラブルから解消されるなどのメリットがあるため、多くの女性から注目されています。

VIO特化脱毛サロン「プリート」の脱毛プラン内容や実績

プリートで受けられるVIO脱毛の特徴は、脱毛範囲が広いことです。
Vラインは一般的なショーツラインの三角形ではなく、ボクサーパンツのラインまで脱毛できます。ほかのサロンでは、だいたい三角形のショーツラインまでの範囲を脱毛可能範囲としていますが、プリートでは太ももの上部まで脱毛できるため、脱毛部位を追加することなく脱毛が可能です。最短8カ月で脱毛完了を目指せるスピード感重視のコースもあり、急いで脱毛したい方にもおすすめです。
首都圏に5店舗を展開中(銀座・新宿・上野・大宮・横浜)で、仕事終わりや外出のついでにも通いやすい立地です。脱毛は継続が命です。サロンの場所も重視しておきましょう。

 

(イメージ画像です。)

 

VIO特化脱毛サロン「プリート」はハイジニーナ以外にもコースがある

VIO特化脱毛サロン「プリート」には9種類のデザインがあり、ナチュラルに整えたい方は希望に合うデザインを選ぶことができます。脱毛完了後は、光をフォトフェイシャルに変えて美肌ケアも行うことができます。

VIO特化脱毛サロン「プリート」17年にわたりVIOを専門にした脱毛を提供し、16万人以上の患者を施術してきた技術と経験に定評がある安心できるサロンです。お客様万読度も9割以上と、顧客からの信頼もあつい脱毛サロンです。現在、創業21周年を記念して低価格で実際の脱毛施術と効果を実感できる「VIOお試し脱毛」を実施中です。詳しくは公式HPをチェックしてみましょう。

 

詳しくはこちら

 

 

VIOの脱毛はやったほうがいい?デリケートゾーンの悩みもへるかも。

(イメージ画像です。)
みなさんこんにちは、Mizukiです。
毎日汗ばむ陽気に女性の方は特に、肌を露出する機会が多くなるほどムダ毛が気になってくるはず。女性同士で脱毛の話をすることがあっても、なかなかVIO脱毛については話しませんよね。

VIOが気になり始めた理由

一番は生理中の処理やにおいです。生理中はどうしても、血液や汚れ、雑菌がデリケートゾーンの毛に付着してそれが蒸れや酸化することによってにおいを引き起こします。
また、それに気づいたときすぐに対処できないのがデリケートゾーンのやっかいなところ。気になった時に、対処できずあとになって、雑菌で皮膚の炎症をおこしたり、内部に雑菌が入り込んで、別の病気をよんだりします。
ならば、最初から原因を取り除いてやろう、とそう思ったわけです。

VIO脱毛とは

VIO脱毛は、デリケート部分の脱毛です。すべての毛を脱毛するのではなく、自分の希望に沿ってVラインやIラインだけ脱毛することも可能ですし、形を整えるだけ、という選択肢もあります。まずはVIOの位置について復習してみましょう。

・Vライン
両足の付け根のあたりや、膣と足の付け根を結ぶ三角の範囲がVラインです。
V字になっていることからよく「Vライン」と呼ばれます。脱毛サロンや脱毛クリニックによって、Vラインの位置が異なる場合があるため事前にHPやカウンセリングで確認が必要です。

・Iライン
膣の両サイドのことをいいます。膣に近い部位のため、自己処理には細心の注意を払ういましょう。サロンやクリニックによっては粘膜ギリギリまでの施術ができない場合もあるため、同じくHP、カウンセリングで事前に確認しましょう。

・Oライン
肛門周りの部分のことです。自己処理が比較的難しいため、脱毛を検討するきっかけとなる代表的な部位です。一度やってみると、かなり面倒くさいです笑
この自己処理を毎日ではないにしろ、3日に1度ほどやると考えると気が遠のきます。

VIO脱毛の注意点

私たちの体に生える体毛はもともと保護や保湿を目的に生えており、アンダーヘアも大事な生殖器を保護するためと存在意義をもちます。
ですが現代、私たちは下着やインナーの文化が普及し、機能性にとんだ商品なども多く発売される世の中になりました。そのためアンダーヘアは必ずしも必要ではなくなりました。
外国ではアンダーヘアの処理が常識になっている国もありますが、日本では男女ともにアンダーヘアを処理している人はまだまだ少数派なのです。湿度が高く、気温差の激しい日本では、処理することでデリケートゾーンの臭いが軽減でき、生理でない時も快適に過ごせるようになります。

(イメージ画像です。)

太る食生活とは?夜は食べない、は逆効果かも。

(イメージ画像です。)

みなさんこんにちは、Mizukiです。
夜更かしをするとどうしても食べてしまったり、朝はがまんできても夜になるとご飯を食べてもおなかがすいて、結局たくさんたべてしまうことないですか?
そんな食生活をおくっているとどんなデメリットがあるのでしょう。

夜型の食事スタイルは肥満リスクを上昇させる!?

現在世界には70億人以上の人々がいますが、そのうちの21億人以上の成人が過体重あるいは肥満だと推定されているそうです。肥満は糖尿病や高血圧などのリスクを上昇させ、生活習慣病を招きやすくなってしまいます。
1日の後半の夕食などで食事でカロリーを多くとる夜型の食事スタイルは、肥満やメタボリックシンドロームのリスクを高めるという研究が発表されています。
一方で1日の前半の朝食でしっかりと食べる朝型の食事スタイルは、体重が減少しやすく、糖尿病のリスクが低下すること示した報告もあり、夜型より朝方の食事スタイルが健康につながります。

太る原因になる食べ方

なぜ夜に食べると太りやすいのでしょうか。
実はこれは間違いで、「太る」食べ方をしているから太るのです。

・夜に糖質や脂質をたくさん摂る
炭水化物(糖質)と脂質は、身体を動かすのに必要なエネルギー源。 しかし、夜遅くに食べると、大抵あとは脂肪と化します。 ご飯やパンなどの炭水化物、揚げ物や脂肪分の多い肉など油っぽいモノを食べると、エネルギーとして消費されず、脂肪として体内にため込まれてしまうのです。

・よく噛んでたべていない
ながら食べや、咀嚼をせず飲むように食べてしまうことありませんか?ストレスや疲労感で判断力は低下しているときは、よくやりがちです。噛まずに勢いだけで食べると、満腹中枢が刺激されず、食べたことを脳が理解せず結果、食べすぎを招きます。よく噛むことで食欲を増進するホルモンが減少し、食欲を抑えるホルモンが増えるのです。

夜食べるなら?抜くよりも、ちゃんと食べる

ダイエット中なら夜の食事は高タンパク質・低脂質を意識しましょう。 タンパク質は筋肉の原料となるため、筋肉ができることで基礎代謝が上がり、痩せやすい体作りの基本になります。食べない!は絶対NG。オススメの食材は、鶏むね肉、納豆や卵、豆腐などの食品です。調味料は少なめで、煮る、蒸すなどの調理法を心がけましょう。スープや汁物で一日の終わりに体を温めるのもいいですね。

 

(イメージ画像です。)

いろいろな増毛方式があるって本当?自分に合う方法をみつけよう。

(イメージ画像です。)

みなさんこんにちは、Mizukiです。
他の記事で増毛のお話をしましたが、増毛とひとくくりにいっても実際にどんな方法ややり方があるのかご存じですか?自分にあった方法を選択できるようになるためにも、さわりだけでも知識として知っておくのは重要ですよね。

増毛方式その①結毛式

自分の髪の毛1本に5〜6本の人工毛を結びつけて髪にボリュームを足す方法です。通気性がよいため蒸れにくく、頭皮トラブルになりにくいのがメリットです。自然な仕上がりが期待でき、違和感はほとんどありません。 生え際や分け目の薄毛が目立つ人におすすめの増毛方法です。自分の頭髪を活用する増毛法なので、もともと自分の頭髪があまりない人は向いていないケースがあります。また、自毛が伸びると結んだ毛も一緒に浮いてくるため、月に1、2回の定期メンテナンスが必要です。

増毛方式その②編み込み式

自分の毛髪の根元に特殊な糸を編み込み、土台を作ってさらにその土台に人工毛を結びつける方法です。
自毛に直接毛束を結着していくわけではないので、頭皮への負担を最低限に抑えることができます。汗や水にも強く、激しいスポーツをしても抜け落ちる心配がほとんどありません。約1カ月は自然な状態を保つことができるでしょう。
主に頭頂部の薄毛が目立つ人におすすめの増毛方式です。

増毛方式その③接着式

人工毛を植え込んだシートを頭皮に付着する方法です。
人工毛を結びつけたり、編み込んだりする手間がかからない分、短時間で増毛を実現します。シートを頭皮に貼り付けるだけなので、自毛がない広い部分への増毛も可能ですが、シートが頭皮を覆うので蒸れやすく、赤みやかゆみなどの頭皮のトラブルが起こる可能性があります。また時間が経つとシートの粘着力が弱まるため、月に1回程度のメンテナンスが必要です。

増毛方式その④着脱式

ヘアピンなどの金具を使って、自毛に人工毛を取り付ける方法です。取り外しが可能で、不要時は自分で外しておけます。
着脱が自由にできる反面、ずれたり外れたりするリスクも高くなりがちの方式です。
長期使用で徐々に劣化していくため、定期的なメンテナンスやスペアの用意、買い替えなどのメンテナンスが必要です。

増毛方式その5かつら、エクステンション

かつら(ウィッグ)やエクステ(つけ毛)も増毛の一種ですね。
かつらは、頭全体にすっぽりとかぶるフルウィッグタイプや、頭の1部分につける部分ウィッグなど、さまざまな種類があります。
取り外しは簡単ですが、着用中にずれたり外れたりする可能性があるでしょう。
エクステとはつけ毛のことです。自毛に直接つけるため取れる心配はあまりありません。

 

(イメージ画像です。)

増毛のメリットデメリットとは?方法の種類。

(イメージ画像です。)

みなさんこんにちは、Mizukiです。
皆さんは職場や外出先で身だしなみをどのくらい気にしていますか?
社会人としてある程度のマナーのなかに、身だしなみを整えることはどの業界や仕事場でも必要ですよね。
髪の薄さを気にしている人が潜在的に思う事は「薄毛って、職場ではどう見られているのだろう?」ということでしょう。
アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが実験結果をもとに唱えた、メラビアンの法則では「視覚・聴覚・言語から人(印象)を判断する」とされています。

 

増毛のメリット

さまざまな方法が存在しますが、処置を行ったあとすぐに毛量が増加するので、すぐに効果を実感できます。
編み込みの場合、髪の毛が外れたり、ずれたりすることが少なく、シャンプーやスポーツなども普段どおりにうことができます。
施術が短時間で済むのも魅力で、仕事の空き時間に施術するひとも少なくないのだとか。
多くの社会人が「増毛をして仕事上のコミュニケーション能力が上がった」と感じていたり、「初対面の際、相手の印象が良くなったように感じる」「以前よりも清潔感がでるようになった」というメリットを感じているようです。増毛をしたことでより自分自身に対してや、自分の能力について自信を持てるようなった人が多いということは、増毛のメリットといえますね。

増毛のデメリット

増毛は人工物なので時間の経過とともに劣化していきます。
そのため定期的なメンテナンスを必要とし、それには費用と手間がかかります。また、自分の髪の毛に人工毛を結びつけたり、頭皮にシートを貼ったりするなど、毛髪や頭皮への負担が大きいことが認められます。

施術中には痛みを伴うこともあり、そうした痛みや刺激が、抜け毛を引き起こす原因となるケースもあります。また元々結びつける髪の毛が少なかったり、なかったりすると増毛することはできません。

増毛の種類

増毛の主な装着方法は4種類にわけられます。
編み込み式増毛、結毛式増毛、粘着式増毛、着脱式増毛と以外にもたくさん方法があるのです。自分にあった方法は、クリニックやサロンのプロに相談するのがよいでしょう。その際に痛みや費用感も忘れずに確認するようにしましょう。

どんな装着方法であっても、今ある地毛をしっかり成長させることで、トータルでみる完成度をさらにあげていきます。増毛をするからといって、地毛のケアをおろそかにせず、大切に育てるようにしましょう。

(イメージ画像です。)

 

水をたくさん飲んでも痩せない理由。正しい飲み方とタイミングは?

(イメージ画像です。)

みなさんこんにちは、Mizukiです。
ダイエットするときによく「水をたくさん飲もう」「1日2Lのもう」と言われたことはありませんか?私自身もともと1日2L以上水分は摂るタイプの人間ですが、あまり効果を感じたことがなかったので、一度情報を精査してみることにしました。

水をたくさん飲もう!の理由

水を飲むことの役割は代謝をあげ痩せやすい体作りをすることです。しかし単に水をたくさん飲むことだけで痩せるかというと、そうではありません。水を飲むだけで脂肪を燃焼できるわけでも、消費するカロリーを減らせるわけでもないからです。
つまりは飲めば飲むほどいい、というより現代人には無意識に水不足の人がいるので、まずその可能性からつぶしていこうということです。
バランスの取れた食生活と適度な運動のもと、水分を摂取してはじめてこの方法は成り立ちます。

体が水分を吸収するのには限界がある

体が吸収できるのは、1時間に200㎖前後です。それ以上の摂りすぎた水分は、むくみとして体に現れます。そして大前提しっかりバランスを考えて食べながら痩せ、その補助として水分を”こまめ”に撮ることが大切です。健康に必要な栄養素や体を動かすために必要な栄養素はきちんと摂り、全体的に量やカロリーをカットするのが正しいやり方です。
水をたくさん飲む=短時間でがぶ飲み、総量ではないのです。
1時間ごとに定期的に水分を摂取し、1日全体で2L以上摂取するのが正しいやり方です。

水分の摂り方とタイミング

大人が1日に必要な水分摂取量は、2200~2500ミリリットルといわれています。食事を抜き、飲み物では約1000~1200ミリリットルを摂る必要があります。

・起床時と就寝時
朝起きてすぐ飲むのは、睡眠時に寝汗などで出た水分を補うためです。
朝は胃腸などの内蔵機能が目覚めていない状態なので、水を飲むことで自然な便意が誘発されます。
・食事の前
水分補給はなるべく胃の中が空っぽの状態がベストです。
胃の中に食べ物が入っていると、消化する際に水を過剰に溜め込みやすく「むくみ」の原因になります。
・汗を流したあと、運動後
水を飲むことで高くなった体温を下げる効果もあるので、いつもより多めに水分補給をしましょう。運動して体を動かすと、汗で水分が不足して熱中症になりがちです。運動中や前後にも意識して水分補給をしましょう。
・入浴の前後
入浴中は汗をかいてたくさんの水分が出ていきます。
入浴の前と後にお水を飲むのは、発汗を促す効果と汗で失われた水分を補うためです。


 

(イメージ画像です。)

ドカ食いしてしまう理由とは。意志とは関係ない原因を理解しよう。

(イメージ画像です。)

みなさんこんにちは。
このごろ生理不順、暑さによる夏バテなどが続いて、ストレスなのがドカ食いがとまらないMizukiです笑
睡眠時間のズレも相まって、食欲が止まりません。食べても食べても食べてしまうドカ食い、よく免疫力を下げるからよくないと聞きますが、そのデメリットをまとめてみました。

〈 生理の影響でどうしても食べてしまう期間があることを理解する 〉

女性の場合ダイエットして体重が減ったのに、生理前になると食べすぎて、体重が増えてしまうという経験をした人が多いのではないのでしょうか。
なんとか減量したのでこの食欲は我慢したい!とは思うものの、ホルモンの力には抗えません。ですが、これは仕方のないことです。
その期間中、体重が増えたりむくんだとしても、一時的に体重は増えるかもしれませんが、1か月、半年、1年と長い目で見てみると、毎月増えていっているわけではないでしょう。やけになりドカ食いゾーンに入ってしまうことは、女性である限り必然です。
どうせなら楽しんで、その期間「込み」で減量計画を考えましょう。何事も楽しむのが一番の継続のコツになりますからね。

〈 ドカ食いしてしまうトリガーを理解する 〉

ダイエット中、食事は軽めにおさえたい!でも毎日生きていて疲労感にさいなまれ一気に気持ちが落ち込んで判断力が鈍ると結局、主食のみならず〆のスイーツまで食べてしまっていること、結構ありませんか?まさに私のパターンです笑
そういうときは「控えたい日」だけでいいので「きっかけ」となるものを省ける意識をしましょう。
食べ過ぎのトリガーになることを頭で理解していても気持ちをどうしても抑えられないときは、「食後にビールを飲む」というように順番をかえるパターンを試してみてもよいかもしれません。

〈 間違った食事制限によるダイエットの副作用 〉

いくらダイエットといって食事制限をしていても、自分のからだに合っていないやり方を選んでしまうと、逆効果や継続が厳しいくらい辛くなってしまいます。私自身、その経験者です。

エネルギー源が脂肪分に代わりにくい体質のひとは、炭水化物を控えてしまうと少しダルさを感じたり、疲れやすくなるといった低血糖の症状があらわれることがあります。

炭水化物を摂らないことがストレスになってしまうと短期間でで脱落しやすく、その経験を「失敗」として記憶してしまうケースがあります。失敗の経験が脳に記憶されてしまうと本末転倒ですね。
まずは自分の体にあったダイエット方法や、自分の体の性質をよく知ることからはじめてみましょう。単純にカロリーや糖質を制限することが可能で、それが痩せることにつながるならこの世にダイエットという言葉は生まれていません。

(イメージ画像です。)